アーカイブ

脱毛サロンを利用するときの肌の赤みを防ぐには? 当日に必要となる3つの工夫

脱毛サロンで施術を受けるなら、肌の赤みを防ぐための対策が必要になります。あまり赤くなると、かゆみが強くなり、無駄にストレスをためてしまうことがあります。
施術で不快な思いをしないためは、当日に行うべき赤み対策の工夫をしっかり押さえておきましょう。

体を洗うときはシャワーで済ませる

肌の赤みは、体温が上がり、血行が良くなったときによく起こります。そのため、普段通りに入浴してしまうのはよくありません。熱いお湯に入って芯から温まるのが好きな人でも、その日だけはシャワー程度で済ませておきましょう。
これは、施術の前でも後でも気をつけるべきポイントです。施術後のかゆみを回避できれば問題ないように思えますが、赤みがありすぎると施術できないこともあります。スムーズに脱毛してもらうためにも、事前に体を洗うならシャワーにしておいてください。

アルコールを摂取しない

アルコールは血行を良くするため、どうしても肌が赤くなりがちです。「自分は酒に強いから大丈夫」などと思わず、飲酒は控えるようにしてください。
飲んだ後に施術を受けると、赤く敏感になった肌に光が当たり、痛みを感じやすくなることがあります。終わったあとも、かゆみに悩まされたりするのです。余計なストレスを避けるなら、お酒が好きでも、ぐっと我慢しましょう。
また、前日の飲酒にも要注意です。時間を空ければ抜けそうですが、実際には前日の分が残ってしまうものです。万全を期すなら、前日から飲まないようにしてください。

日課の運動を休む

運動をすると体温があがるため、血行もよくなります。そのため、肌の赤みも強くなってしまいます。
脱毛の前後は、なるべく運動を避け、静かに過ごすようにしてください。赤くならないように注意していれば、しっかり施術を受け、かゆみなどの肌トラブルも起こらなくなります。
ジョギングや筋トレなどが日課になっていると、つい当日もやりたくなりますが、その日だけは休みにしましょう。
また、余裕をもって行動することも大切です。サロンまで走らなくても済むように、ギリギリの時間を避け、早めに行動してください。

ページ上に戻る