アーカイブ

脱毛サロンを利用するときの保湿のコツは? 上手に肌を潤す3つのポイント

脱毛サロンで脱毛するときは、保湿をしっかり行うことが大切です。何もしていない場合、肌のトラブルが起きたり、施術でストレスを感じることもあります。
そうした失敗を防ぐには重要な要素なので、サロンを利用する前に、保湿のポイントをチェックしておきましょう。

自己処理のあとは必ず保湿

脱毛サロンへ行く前は、自分である程度処理しておくことになります。電気シェーバーで丁寧に自己処理をしたあとは保湿すべきタイミングなので、クリームなどをしっかり塗っておきましょう。
それをやっておくと、施術時の痛みを防ぐことができます。処理のあとの保湿を忘れたまま施術を受けると、乾燥した肌に光で刺激を与えることになり、痛みを感じてしまいます。そのようなストレスを回避するには。事前の保湿が欠かせません。
肌の潤いを維持していれば、毛が抜けやすくなるため、施術の効果アップも期待できます。

当日にはやらない

事前の自己処理と保湿は、脱毛ための大切な準備ですが、当日に行うのはよくありません。時間が近いと保湿のメリットが大きくなりそうですが、実際には逆です。クリームで毛穴が塞がった状態で施術を受けることになるため、脱毛の効果を高めるどころか、妨げてしまうのです。
失敗しないためには、前日までにとどめておいてください。当日以外なら、特にデメリットはありません。
毛穴の詰まりがなくなれば光がよく届き、本来の脱毛効果をしっかり得ることができるので、保湿は上手に行うようにしましょう。

終わったあとも忘れずに

保湿は、施術へ向けて準備するときだけでなく、そのあとにも必要になります。これは、光によって肌が乾燥しているためです。
肌に光を当てると、その熱で水分が失われていきます。そのまま何もせずに放置していると、乾燥がひどくなり、肌トラブルの原因になってしまうのです。
そのため、施術を受けたあとも、油断せずに念入りに保湿しておきましょう。普段よりもしっかり保湿して、肌の潤いを保つようにすると、乾燥が原因となるかゆみなどを防ぐことができます。

ページ上に戻る